スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加

ウェブ分析サービス「Google Analytics」とユーザーテスト

 24日深夜現在、Google Analytics は(あまりに殺到して)サービスが停止しているようですね。いつ頃から正常にサービスを受けられるのでしょうか、期待してます。


 さてGoogle Analytics は、万能でしょうか?SEMコンサルティングができる人間のアドバイスによって、SEOやリスティング広告の費用対効果は向上できるでしょう。

Google Analytics
http://www.google.com/analytics/ja-JP/

<引用>

 Google Analytics では、訪問ユーザーがどのようにサイトを見つけたか、サイトでどのような操作を行ったかなど、必要なあらゆる情報を収集できます。 これにより、投資収益率の高いキャンペーンや広告活動にマーケティング リソースを重点的に配分して、サイトの訪問ユーザー数を増やすことができます。

<引用 終わり>

 しかし、サイト構築時のユニバーサルデザイン(アクセシビリティやユーザビリティ)上の問題点を見つけだせるでしょうか?出来ませんね。それが出来るのはユーザーテストです。教えてくれたのは

【A.A.O. (Allied-Brains Accessibility Online)】
ウェブを活用する障害者の声
http://www.aao.ne.jp/user/usersvoice/index.html

<引用>

JIS X 8341-3の第6章「6.3 検証に関する要件」でも検証作業の重要性がうたわれていますが、本当に利用者にとって使いやすいウェブサイトであるかどうかは、チェックツール等による点検や制作者のノウハウだけで判断するのは不十分であり、利用者の方の生の声を聞くからこそ発見できる点がたくさんあると思っています。

<引用 終わり>

 ぜひご一読をお薦めします。

スポンサーサイト
  1. 2005/11/25(金) 09:00:00|
  2. Google|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加
<<ハーモニー主催『第2弾・アクセシビリティシンポジュウム』(11月25日)参加報告 | ホーム | Google、ウェブ分析サービス「Google Analytics」を無料提供>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://48luck.blog9.fc2.com/tb.php/52-abef46ae

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。