スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加

Yahoo! JAPAN が「有料リンク・テキストリンク広告(Paid Links)」にペナルティを下すのはいつか?

Google が「有料リンク・テキストリンク広告(Paid Links)」にペナルティを下すのはいつか? 』の続きでございます。

 Yahoo! JAPAN が「有料リンク・テキストリンク広告(Paid Links)」にペナルティを下すのはいつでしょうか?


 Yahoo! も当然「有料リンク・テキストリンク広告(Paid Links)」を問題視していますが、Google ほどは厳しくないようです。

<【海外SEO情報ブログ】ついに有料リンクにペナルティが発動 » から引用>

有料リンクは、サーチエンジンをだます行為で作為的なテクニックだ。我々はそういった手法を見つけて無効化していかなければならない。有料リンクのように過度に最適化された兆候を発見して、効力をなくすように取り組んでいる。

<引用 終わり>

 なぜ Google ほどは厳しくないのか、ペナルティという言葉を使わないのか?Yahoo!ビジネスエクスプレスを提供しているからではないでしょうか。

 Yahoo!検索 で「広告 バックリンク」と検索してください。2008年6月27日現在、数々の怪しい広告が載っています。「有料リンク・テキストリンク広告(Paid Links)」を誘発しかねない広告が。

 また、Yahoo!ビジネスエクスプレスの広告も載っています。何種類かあるようですが、一例を引用してみましょう。

  • ビジネスエクスプレス<公式>
    ヤフーの強力なバックリンクで商用サイトの検索上位表示も期待できます
    bizx.yahoo.co.jp

<引用 終わり>

 普通の検索利用者なら、「ヤフーのビジネスエクスプレス<公式>とは、広告であり、バックリンク・SEO 効果があるんだ。審査料という名目でお金を払えば良いのね」と理解するはずです。微妙なゾーンの広告内容ですよね。

 Yahoo! JAPAN が「有料リンク・テキストリンク広告(Paid Links)」にペナルティを下せるはずもありませんね。「有料リンク・テキストリンク広告(Paid Links)」スパムを掲載している媒体社やブロガーの皆さん、ご安心ください。

◆関連記事

◆関連エントリー

スポンサーサイト
  1. 2008/06/27(金) 09:00:00|
  2. SEO/SEM/アクセス解析|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加
<<Yahoo!ビジネスエクスプレスに対する疑念 | ホーム | Google が「有料リンク・テキストリンク広告(Paid Links)」にペナルティを下すのはいつか?>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://48luck.blog9.fc2.com/tb.php/346-16d45d8f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。