スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加

島根県のホームページ管理システムが OSS として無償公開,地元企業が Ruby で開発(ITpro より)

 まつもとゆきひろ氏は、現代の出雲の大国主命・大黒様の様な存在。島根県松江市は、Rubyを中核にした産業振興政策「Ruby City Matsueプロジェクト」、さしずめルビー・ウォーターシティでしょうか。ラフカディオ・ハーンも喜んでいるでしょうね。世界に通じる日本のオープンソース CMS(コンテンツ マネージメント システム)と期待したいです。


<島根県のホームページ管理システムがOSSとして無償公開,地元企業がRubyで開発 から引用>

 ソフトウエアの名称は「島根県CMS」。2006年から県の公式ホームページで稼動している実績がある。特徴は,パソコンに詳しくない職員でもコンテンツの投稿,編集が容易になるような管理画面を備えていることと,視覚障害者向けにアクセシビリティを向上させる機能を備えていること。

<引用 終わり>

◆関連記事

◆関連エントリー

スポンサーサイト
  1. 2008/03/06(木) 09:00:00|
  2. CMS|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加
<<安全なウェブサイトの作り方 改訂第3版(独立行政法人 情報処理推進機構 セキュリティセンター)公開 | ホーム | A.A.O.|クオリティ実態調査 官公庁集計結果発表。アクセシビリティ高い官公庁サイト、わずか2サイト>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://48luck.blog9.fc2.com/tb.php/329-8332403c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。