スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加

ホームページのおもてなし(ユーザー・エクスペリエンス)の第一は、安全性

 ネット界で(もちろん他の世界でも)、重要なキーワードの1つに User Experience(ユーザー・エクスペリエンス)があります。これをおもてなしと訳される方がいます。

<Hooters のウェイトレスとユーザー・エクスペリエンスから引用>

以前Naotakeさんが「ユーザーエクスペリエンス」の日本語訳は「おもてなし」ではないか……と提言されておりました

<引用 終わり>


これを、東京ディズニーリゾートが掲げるエクスペリエンスのための四つの鍵「SCSE」と纏めると、さらに分かり易くなります。いわばジグソーゲームの欠けていた最後のピースがかちりと嵌って完成。

ホームページのおもてなしユーザー・エクスペリエンス -- User Experience)とは
  1. Safety(安全性)
  2. Courtesy(礼儀正しさ)
  3. Show(ショー)
  4. Efficiency(効率)

 最初に「Safety」があげられます。ホームページのおもてなしユーザー・エクスペリエンス)として、安全性を最優先すべきなのです。

 様々な意識調査の結果でも、個人情報の漏洩を不安に思っているネット利用者が多いです。その不安を取り除くのは、ホームページのおもてなしユーザー・エクスペリエンス)の第一ですね。

<プレスリリース - 2007 「インターネットユーザのインターネットセキュリティに関する意識調査」の結果を発表から引用>

インターネットサービスを利用する際に個人情報の漏洩について不安に感じるとき

  • オンライン決済を含むオンラインショッピング(80.3%)
  • 銀行口座の出入金(78.4%)
  • ウェブサイトからの会員登録(66.8%)
  • ウェブサイトからの資料請求(61.5%)

インターネットサービスを利用する際に安全性を確保するために確認すること

  • SSL 対応していること(67.3%)
  • 有名な企業であること(65.2%)
  • インターネット上での評判がよいこと(36.9%)
  • SSL 対応シールの掲示があること(29.4%)
  • プライバシーマークの掲示があること(28.2%)
  • 友人・知人からの評判がよいこと(18.1%)

<引用 終わり>

<【セキュリティ調査】Web上で入力する際に不安な情報は?から引用>

どのような時にセキュリティ上の不安を感じるのか

  • 見覚えのない人、会社からメールが送られてきた時(63.8%)
  • スパムメールが送られてきた時(58.2%)

最も入力する際に抵抗ある情報は?

  • 自宅の電話番号(72.2%)
  • 住所(64.8%)
  • 携帯の電話番号(59.4%)

<引用 終わり>

◆関連記事

◆関連エントリー

スポンサーサイト
  1. 2007/12/12(水) 09:00:00|
  2. ユーザー・エクスペリエンス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加
<<2007年「今年の漢字」は『偽』 | ホーム | Google、ペイパーポストのリンクに対する見解表明 - Paid Postsに「NO」(【SEMリサーチ】 より)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://48luck.blog9.fc2.com/tb.php/311-66699d15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。