スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加

Google、ペイパーポストのリンクに対する見解表明 - Paid Postsに「NO」(【SEMリサーチ】 より)

 善哉、善哉!【SEMリサーチ】Google、ペイパーポストのリンクに対する見解表明 - Paid Postsに「NO」 で詳細をご覧ください。さてペイ・パー・ポスト広告(クチコミ広告)サービス提供会社はどう対応するの?


<引用>

 米Googleは2007年12月1日、ペイパーポスト広告を利用したSEO目的のリンクについての見解を表明した。10月に明らかにした、Paid Links(有料リンク、テキストリンク広告)に対する見解と同様、Paid Posts(報酬を受け取って書いたブログ記事)のリンクはウェブマスターガイドラインに違反すると述べている。

<引用 終わり>

<引用>

 Googleペイパーポスト広告そのものを否定しているわけではなく、ただ、こうしたPaid Postsを公開する際はリンクに rel="nofollow" (nofollow属性)を追加するように呼びかけている。この理由についてGoogleは、例えば利用者に対して広告であることを伝えるために Sposored などと明記するのと同様に、検索エンジンにそれが広告であることを伝える必要がサイト運営者にはあり、その手段が nofollow であるとした。

<引用 終わり>

 業者とおぼしき人間自身が、

  • 口コミ効果は広告主が期待するほどはめったに上がらない(全体の2%程度)ことを、自覚
  • 従来のSEOに比べ費用対効果高いことをセールスポイントに

している以上、リンクに rel="nofollow" (nofollow属性)を追加するよう、ブロガーに告知するでしょうか。広告であることを明示しない(ステルス マーケティング)ように強要するサービス提供会社すら存在します。nofollow属性を付ければSEO効果無し、付けなければ何らかのペナルティを課せられるかも。広告主もブロガーもご用心ご用心。真っ当に口コミ効果を上げられる広告会社に進化するしか生き延びる方法はないのでは?

◆関連記事

◆関連エントリー

スポンサーサイト
  1. 2007/12/07(金) 09:00:00|
  2. 広告・プロモーション・マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加
<<ホームページのおもてなし(ユーザー・エクスペリエンス)の第一は、安全性 | ホーム | Creative Commons 5周年>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://48luck.blog9.fc2.com/tb.php/310-b722e08c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。