スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加

オープンソース CMS の Drupal、小規模サイト構築の本命

 バックエンドの話、システムやプログラムの話に全く着いて行けない筆者であります。しかし、オープンソース CMSDrupal、比較的小規模サイト構築の本命です。注目しましょう。


 CMS(3)[ユニバーサルデザイン 2.0]を目指すためにの記事で、CMS(コンテンツ マネージメント システム)を選ぶ条件を考えてみましたが、【Web 担当者 Forum】CMS 導入で SEO 効果を引き出す10のポイントでヒントを得て、大幅に変えたいと思います。

CMS 導入のための12のポイント
  1. 安心・安全か(セキュリティ)
  2. URL は美しいか(システム)
  3. XML 形式のサイトマップを作れるか(システム)
  4. 面倒なパンくずリストや更新情報等を自動化できるか(システム)
  5. ウェブ標準に準拠しているか(文書構造)
  6. title や meta 要素もしっかりと(文書構造)
  7. 見出し要素の使用を強制(文書構造)
  8. 画像の alt 属性を強制(文書構造)
  9. 視覚デザインが豊富で魅力的か(CSS)
  10. 構築費用が安いか(経済性)
  11. 更新がし易いか(利便性)
  12. 日本語の情報など充実しているか(サポ-ト)

オープンソース CMSDrupal は結構良い点が付けられます。まだ日本語の情報が充実しているとは言えませんが、OpenSourceCMS での CMS ランキング有力 CMS の Google Trends でも、世界的に評価が高いですね。

◆関連情報

◆関連エントリー

スポンサーサイト
  1. 2007/04/17(火) 09:00:00|
  2. CMS|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加
<<Google、DoubleClickを約31億ドルで買収(ITmedia News より) | ホーム | FONのAP数が開始4カ月で1万台突破,1日限定でAPを無料提供( ITpro より)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://48luck.blog9.fc2.com/tb.php/289-5c27d496

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。