スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加

バリアフリーからユニバーサルデザイン(制作者側からの表現)、アクセシビリティ(利用者側からの表現)

 用語の定義等にはあまり関心無いのですが、自分の確認のため。


<THE PRINCIPLES OF UNIVERSAL DESIGN Version 2.0 4/1/97 (The Center for Universal Design, NC State University) 清水 茜氏訳から引用>

ユニバーサル・デザインとは
改善または特殊化された設計の必要なしで、最大限可能な限り、すべての人々に利用しやすい製品と環境のデザイン
ユニバーサル・デザインの7原則
  1. 公平な利用/定義 デザインはさまざまな能力をもった人々にとって、役に立ち、市場性がある
  2. 利用における柔軟性/定義 デザインは個人的な好みや能力の広い範囲に適応される
  3. 単純で直観的な利用/定義 ユーザーの経験、知識、言語能力、あるいはそのときそのときでの集中力のレベルに関係なく、デザインの利用が理解しやすい
  4. 認知できる情報/定義 デザインは周辺状況やユーザーの感覚能力と関係なく、ユーザーに対して効果的に必要な情報を伝達する
  5. 失敗に対する寛大さ/定義 デザインは危険や予期せぬあるいは意図せぬ行動のもたらす不利な結果を最小限にする
  6. 少ない身体的な努力/定義 デザインは効率的に心地よく、最小限の疲れの状態で利用される
  7. 接近や利用のための大きさと空間/定義 適切なサイズと空間が、ユーザーの体格や姿勢もしくは移動能力と関りなく、近づいたり、手が届いたり、利用したりするのに十分に提供されている

<引用 終わり>

◆引用元

  • 【to Universal Design from Barrir Free - 清水 茜】(参考1) ユニバーサルデザインの7原則(NC state university)
    http://web.sfc.keio.ac.jp/~s99433as/ud/f001principles.html
  •  また、別の翻訳には

    <引用>

    これらのユニバーサルデザイン7原則は、誰にでも利用可能なデザインという視点を中心にしている。しかし、実際のデザインでは、使いやすさ以上のことにも配慮が必要であり、デザイナーが、デザインをする過程で、経済性や、技術的条件、文化的要件、男女差や環境への影響など、関連する諸条件を考慮に入れなければならないことはいうまでもな い。これらの7原則は、できるだけ多くの人達の要求に対応できるような特徴を、よりうまく組み込んで理想的なデザインを目指すにあたっての、デザイナーへの指針である。

    <引用 終わり>

    と、補足もありました。

    ◆引用元

     実は、今まで記述したのは制作者からの表現。利用者側からの表現では、ウェブアクセシビリティ

    <引用>

    バリアフリーユニバーサルデザイン
    この2つのキーワードは、作り手の立ち位置からみた表現と言えます。
    ウェブサイトで言えば、すでに存在するサイトに手を加えてアクセシビリティの高いサイトに改修するのが「バリアフリー」、ウェブサイトを立ち上げる前に障害者や高齢者を含むすべての方に利用し易いサイトにすべく設計するのが「ユニバーサルデザイン」です。
    一方、「アクセシビリティ」という言葉は、上記2つのキーワードよりも、より利用者の立ち位置に立った見方と言えます。
    それは、アクセスする側からの表現だからです。

    <引用 終わり>

    ◆引用元

     つい「利用者の視点」なんて軽く言ってしまいますが、難しいですね。

    スポンサーサイト
    1. 2007/03/22(木) 09:00:00|
    2. 汎用設計(ユニバーサルデザイン)|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    5. | 人気ブログランキング
    6. | FC2 Blog Ranking
    7. | はてなブックマークに追加
    8. | Buzzurlにブックマーク
    9. | livedoor クリップに追加
<<CMS とアクセシビリティの関係 | ホーム | 大日本印刷から863万件個人情報流出、「悪意を持った内部者」への管理が不十分>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://48luck.blog9.fc2.com/tb.php/276-fb799f86

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。