スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加

2006年最大の脅威はWinnyによる情報漏洩、IPAがセキュリティ白書発行(INTERNET Watch より)

 対策としては、「利用者がWinnyの特性を理解することに加え、組織内でのWinnyの使用を禁止すること」 これだけ話題になっているにも関わらず、Winnyの使用を禁止してないところがあるのかと呆然。今さら禁止しても、守らない人間が大勢いるんだろうなと情けなく思う。


2006年の「セキュリティ10大脅威」
  1. 漏洩情報のWinnyによる止まらない流通
  2. 表面化しづらい標的型(スピア型)攻撃
  3. 悪質化・潜在化するボット
  4. 深刻化するゼロデイ攻撃
  5. ますます多様化するフィッシング詐欺
  6. 増え続けるスパムメール
  7. 減らない情報漏えい
  8. 狙われ続ける安易なパスワード
  9. 攻撃が急増するSQLインジェクション
  10. 不適切な設定のDNSサーバを狙う攻撃の発生

<引用>

 1位の「漏洩情報のWinnyによる止まらない流通」では、いったんWinnyネットワークに流出したファイルは次々に複製され、気づかないうちに情報漏洩が拡大するという特徴がある。Winny利用者は、これらの情報を意図とは無関係にPC内にキャッシュとして保存し、Winnyネットワーク上に公開することになるため、“見えない”ところで流出被害の拡大に加担していることが少なくないという。対策としては、「利用者がWinnyの特性を理解することに加え、組織内でのWinnyの使用を禁止すること」(三角氏)が挙げられる。

<引用 終わり>

◆関連情報

スポンサーサイト
  1. 2007/03/14(水) 09:00:00|
  2. セキュリティ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加
<<AdWords 「ローカルビジネス広告」、スタートです(Google Japan Blog・CNET Japan より) | ホーム | 全面 Flash をメインホームページに採用している高級旅館・ホテルへ「3ウェブサイト」構成の提案>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://48luck.blog9.fc2.com/tb.php/273-2bd34069

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。