スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加

全面 Flash をメインホームページに採用している高級旅館・ホテルへ「3ウェブサイト」構成の提案

 旅行に関する情報をインターネット(パソコン)から収集する利用者が90.8%(もっともインターネット調査ですから、高い数字になるのが当たり前)、「ホテル、民宿など宿泊先のサイト」から収集する利用者が55.6%。


 また、今後50~60代がネットをより積極的に利用(日経リサーチ)。団塊世代(団塊男性)『インターネット』が1位『国内旅行』が2位(C-NEWS)。 で紹介したように、団塊世代が旅行に関する情報をインターネットで「ホテル、民宿など宿泊先のサイト」から収集するケースは必ず増加します。高級旅館・ホテルにとって一番大事な利用者(団塊世代)がサイトを訪問するのです。

 そして団塊世代(やシニア・障碍者・検索ロボット)は、全面 Flash が苦手です。ハッキリしています、全面 Flash はビジネスチャンスの損失です。全面 Flash を完全に無くせと言っているのではありません。情報の順序が大事なのです。以下のようなウェブサイトの構成をお薦めします。

  • 〈メインドメイン〉www.example.co.jp「Web標準版」
  • 〈サブドメイン〉flash.example.co.jp「全面 Flash版」
  • 〈サブドメイン〉blog.example.co.jp「ブログ」

アクセシビリティユーザビリティの視点から、「Web標準版」から「全面 Flash版」にリンク移動するのは容易ですが、逆は難しい。また SEO の視点から「Web標準版」の方が集客しやすい。この2点によりメインは「Web標準版」にすべきです。

 そしてこの3サイトを有機的にリンクし合えば利便性が高くなりますし、(Googleから見て同一サイト内なので)けしてリンクファームというスパム行為になりません。Google で検索したときに、サイトリンクが表示された場合も相当利便性が高くなります。

 この「3ウェブサイト」構成は、更新もし易く、集客し易く、使い勝手もよい、成果が期待できますよ。如何ですか、和倉温泉 多田屋様。

<引用>

 インターネットで情報収集する際に参考にするサイト、最も多いのは「旅行専門サイト」で66.3%、僅差で「ポータルサイトの旅行ページ」64.2%、「ホテル、民宿など宿泊先のサイト」55.6%

<引用 終わり>

◆関連エントリー

◆関連情報

スポンサーサイト
  1. 2007/03/13(火) 09:00:00|
  2. WebSite構築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加
<<2006年最大の脅威はWinnyによる情報漏洩、IPAがセキュリティ白書発行(INTERNET Watch より) | ホーム | ネットポイント協議会設立--ECナビなど13社が悪質業者との差別化で(CNET Japan より)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://48luck.blog9.fc2.com/tb.php/272-7599cacf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。