スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加

空振り団塊向けツアー/県とNPOの企画(asahi.com:マイタウン大分 より)

「団塊の世代」の国内移住支援が、必ずしもすべての地域で順調にスタートしているとは限らないようだ。

県でツアーを担当する観光・地域振興局は… 観光局が担当?これは違うんじゃないでしょうか?


<引用>

 今年から大量退職が始まる「団塊の世代」にI・Uターンしてもらおうと、県とNPO法人「大分“YUKI”生活応援団」(大分市)は、県内各市と共同で「田舎暮らし体験」と題したツアーを企画した。しかし、あの手この手で募ったものの、県のツアーは参加者が募集定員に届かず、同応援団のツアーに至っては参加者ゼロのため中止が決まった。「移住者」を呼び込む前段階で早くもつまずいた格好だ。

<引用 終わり>

団塊世代を紐解く7つのキーワード(朝日新聞07年03月05日朝刊記事広告より)でも、『3「住まい」田舎に憧れる男性と都会を望む女性』と紹介されています。女性陣に関心を持ってもらうためには、観光ではなく日常生活の情報をもっと提供すべきです。

  • 買い物(食料・衣料・雑貨等)
  • 医療・福祉・介護サービス
  • 行政サービス・交通インフラ
  • その他

 女性陣が興味を持たないと、団塊世代の先輩諸兄だけでは、移住は難しい。

県の担当者の一人は「大分県の人気が低いというわけではないと思うが、専門誌だけでなく、一般誌に広告掲載するなど、もっと告知に力をいれるべきだった」 その前にホームページの二つの改善をお薦めします。

◆関連エントリー

◆関連情報

スポンサーサイト
  1. 2007/03/09(金) 09:00:00|
  2. 少子高齢化社会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加
<<ネットポイント協議会設立--ECナビなど13社が悪質業者との差別化で(CNET Japan より) | ホーム | 団塊世代を紐解く7つのキーワード(朝日新聞07年03月05日朝刊記事広告より)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://48luck.blog9.fc2.com/tb.php/270-b6d1ef9f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。