スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加

団塊世代の特集と可読性の改善

 2007年新春、最初の投稿です、一年間の付き合いを宜しくお願いします。

団塊世代2007年問題』の始まりです。団塊世代の先輩ご夫妻がどの様に行動されるのか、興味深く見ていきます。

 1月1日朝日新聞の朝刊に、団塊世代の特集が掲載されていました。そこに紹介されていたサービスの URI をわかる限り、記載しておきます。

 残念なのは、団塊~シニア層向けサイトでも、可読性に配慮されているウェブサイトは多くないことです。『団塊~シニア層向けのWeb設計』優れ物の記事 で紹介した記事を、是非参照して欲しいものです。

 さらに、団塊~シニア層向けサイトの可読性の改善の為に2点提案します。

  1. 3カラムより、2カラム。2カラムより、1カラム
  2. 一行あたりの文字数を制限するリキッドレイアウト

3カラムより、2カラム。2カラムより、1カラム
 画面解像度1024x768・1280x1024とウィンドウサイズが大きくなり、3カラムのレイアウトが増えて来ています。
 一方、一般に(個人差もあるでしょうが)加齢が進むほど、上から下にスクロールしながら、左右のカラムにまでは目を届かせるのは難しいという傾向があります。特に目線の軌跡は“F”を描くので、右カラムは目が届かないと思います。
 団塊~シニア層向けサイトなら、1カラムのレイアウトをお薦めします、それが出来にくいのなら2カラムのレイアウトを。
一行あたりの文字数を制限するリキッドレイアウト
 文章中心の内容であるなら、ユーザが閲覧しているブラウザの幅に合わせてコンテンツの幅も変化 する、リキッドレイアウトをお薦めします。
 しかし、ウィンドウサイズが大きいと、本文が左右にだら~と長くなって、可読性が著しく低下します。ラインハイツを大きめにして、かつ、本文は適度な長さにしたいですね。
 そこで、一行あたりの文字数を制限する CSS が有効です。一行あたりの文字数を制限するリキッドレイアウト - 2xup.org に素晴らしい解説がありました。多謝です。elastic (エラステック) レイアウトと言うそうです。
div#container {
  width: 80%;
  min-width: 50em;
  max-width: 65em;
}
 補足すると、この中での本文の左右が(min-width)20字~(max-width)36字位が、団塊~シニア層向けサイトに向いていますね。
 すばらしい情報ですから、是非オリジナルの記事をお読みください。

◆関連エントリー

◆関連情報

◆朝日新聞 - 1月1日団塊世代特集

スポンサーサイト
  1. 2007/01/08(月) 18:00:00|
  2. 少子高齢化社会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加
<<“企業の顔”の評価はキリンビールが3年連続総合首位(日本ブランド戦略研究所ニュースリリース より) | ホーム | 全国大学サイト・ユーザビリティ調査2006/2007 総合スコアベスト10 日経BPコンサルティング社が公表>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://48luck.blog9.fc2.com/tb.php/232-a834fc95

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。