スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加

YouTube--価値観をどの様な行動で示すのか?

<引用>

 Google VideoではなくYouTubeに投稿したのはなぜか?少なくとも一部の人々は、YouTubeのほうが「クール」だからそうした。今後もクールでいられるか否かは、行動で示すその価値観にかかっている。

<引用 終わり>

 Google の協力を得て、「コンテンツの自動認識・報告技術」を完成させるのが、総ての始まりではないでしょうか?その後にリミックス。


◆関連情報

【CNET Japan Blog - KNNエンパワーメントコラム】YouTubeに対する著作権侵害防止策
2006年12月06日
http://rblog-media.japan.cnet.com/knn/2006/12/youtube_3c5b.html
・いっそのことクリエイティブコモンズの規定にのっとり、プロモーション目的で、自分のコンテントに羽をそえて、インターネットの世界に自由に飛翔させるというのもひとつの解決法だ
【CNET Japan】多才の人、伊藤穰一氏に聞く
2006年12月06日
http://japan.cnet.com/interview/media/story/0,2000055959,20337696,00.htm
・サービスや技術にCreative Commonsのライセンスを組み込むことで、法廷で争ったり、異議を申し立てたりする代わりに、「共有する」という選択肢を人々に提供できるようになる
【JASRAC】YouTube社に著作権侵害行為の事前防止策を要請
2006年12月05日
http://www.jasrac.or.jp/release/06/12_1.html
・デジタルミレニアム著作権法(DMCA)による削除手続き「Notice & Take Down」が大量の違法アップロードによりうまく機能していないこと
・従って、YouTube社において、技術的手段や工夫により著作権侵害行為を排除するシステムを実現すること
・暫定的な対策として、トップページに日本語による注意文の掲載等
【BizMarketing サーベイ】公開レポート:「投稿映像共有サイト」の利用者意識と利用実態調査結果
2006年12月04日
http://survey.bizmarketing.ne.jp/ViewPage.cgi?page=Rep00019
・投稿型映像共有サイトの訪問経験者比率は56.13%。認知率は80%に迫る
・「閲覧するだけなら違法コピー映像に対する抵抗感ない」45.14%
・「一方的な削除ではなく『共存』を求める」40.40%
【Yahoo! JAPAN】2006検索ワードランキング/総合
2006年12月1日
http://picks.dir.yahoo.co.jp/new/review2006/general.html
【Japan.internet.com Webマーケティング】mixi が1位、YouTube が大躍進――ヤフーの2006年検索ワードランキング
2006年12月1日
http://japan.internet.com/wmnews/20061201/3.html
・10位以内で注目すべきは「YouTube」だろう。昨年はベスト50圏外ながら、今回7位にランクインした。圏外からのベスト10入りは YouTube のみだ。
【CNET Japan Blog - KNNエンパワーメントコラム】過渡期としての「Web2.0」
2006年10月27日
http://rblog-media.japan.cnet.com/knn/2006/10/web20_c1e4.html
・個人的な意見であるが、Web2.0は単なるWebの過渡期の現象をあらわしたキーワードにすぎないのだから。
【CNET Japan】「ユーチューブは本当にWeb 2.0か」--「Web 2.0の倫理」をめぐって盛り上がる議論(その1)
2006年10月25日
http://japan.cnet.com/column/somethingnew/story/0,2000067121,20288227,00.htm
・「YouTubeは本物のWeb 2.0と言えるのか?」
【CNET Japan Blog -Lessig Blog (JP)】Web 2.0の倫理:YouTube対Flickr,Revver,Eyespot,blip.tv,そしてGoogle
2006年10月25日
http://blog.japan.cnet.com/lessig/archives/003290.html
・YouTubeが見失ってはならないのは、その成功の重要な部分のひとつ、すなわちウェブの価値観(※「多くの人に使われることでひとりでに良くなってゆくサービス」というWeb 2.0の原則)というものを尊重していると思われていた点

◆関連エントリー

スポンサーサイト
  1. 2006/12/11(月) 09:00:00|
  2. 動画投稿・動画共有|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加
<<ソフトバンク:「0円広告」、孫社長が公取委に事情説明(IT:MSN毎日インタラクティブ より) | ホーム | NIKE アキバマン --『面白い』を利用者と共有するプロモーション>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://48luck.blog9.fc2.com/tb.php/219-1467dc45

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。