スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加

CMS(3)[ユニバーサルデザイン 2.0]を目指すために

 CMS(コンテンツ マネージメント システム)を選ぶ条件

  1. 安心・安全
  2. 正しいコード・分かり易い文書構造の書き出し(xhtml)
  3. 豊富で魅力的なデザイン(CSS)
  4. 安価な構築費用・更新の効率性

 この条件によって、Webサイトも運営・更新しやすく、アクセシビリティやユーザビリティの技術的側面が相当改善されると思います。しかし、それで気を許すと、いわば[ユニバーサルデザイン 1.5]

[ユニバーサルデザイン 2.0]にするためには、言葉のアクセシビリティ・ユーザビリティを改善する必要が有ります。「サイトマップ」という意味がわからない人にどうしたらよいのか、タイトルや見出し・アンカーテキストが適切か、等々人間自身で無ければ改善できない問題は山ほど有ります。[ユニバーサルデザイン 2.0]は遠いですね。


◆オープンソースCMS関連情報

スポンサーサイト
  1. 2006/07/14(金) 09:02:00|
  2. CMS|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加
<<家電メーカー9社 シニア層によるウェブサイトユーザビリティ評価(使いやすさを考えてみる。(アクティブシニア・シルバー層の現場から) より) | ホーム | CMS(2)Web2.0 時代の CMS 活用セミナー>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://48luck.blog9.fc2.com/tb.php/130-665fd308

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。