スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加

「WebSiteコーディネータ」とは

【ITコーディネータ】というプロフェッショナルが存在します(残念ながら一般に普及しているとは言えませんが)。

特定非営利活動法人 ITコーディネータ協会
http://www.itc.or.jp/w_itcguide/whatsITC.htm

〈引用〉
◇ITコーディネータとは
ITコーディネータ(Information Technology Coordinator)とは、経営者の立場に立って経営とITを橋渡しし、真に経営に役立つIT投資を推進・支援するプロフェッショナルです。
〈引用 終わり〉

さて、WeSite 構築においても同様な人材が必要ではないでしょうか?

◇WebSiteコーディネータとは
WebSiteコーディネータ(WebSite Coordinator)とは、ネット利用者の立場に立って発注者と制作者を橋渡しし、真に経営に役立つWebSite投資を推進・支援するプロフェッショナルです。

クライアント(上司):他のホームページにはない最先端で、なんか格好いいホムペにしたいんだよ。全部動画にしてね、文字なんか読みづらくても良いから。

制作者(部下):クライアント(上司)の言うとおりにやれば、良いのさ。馬鹿な事を言ってたって。それで成果が上がろうと上がるまいとクライアント(上司)の責任だよ。プロなんだからお金をもらえば良いんだから」

こんな話を身の回りで聞いたことがありませんか(悲しいことですが…)?クライアント(上司)は、WebSiteと云うメディアを理解してないし、何が必要なのかを表現できない。制作者(部下)は、成果が上がらない時の結果にまでは責任を共有しない。ユーザの視点は全くないがしろにされがちです。これでは成果の上がる(投資した費用に対して効果が上がる)Siteなんて出来ませんよね。

そこで WebSiteコーディネータを自称し、成果が上がるサイト構築の情報収集と共有をしていきたいと思います。

2005年5月5日(なかなか佳い日ですね)
スポンサーサイト
  1. 2005/05/05(木) 17:55:55|
  2. 当ブログの方針|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加
<<少子高齢化社会を意識したWebSite(ホームページ)をめざしませんか? | ホーム |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://48luck.blog9.fc2.com/tb.php/1-50b08be1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。