スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加

総務省「誰でも使える地方公共団体ホームページの実現に向けて」を考える

 総務省が、去年末から一連の報道資料とホームページを公開。そして「ウェブアクセシビリティセミナー」を開催。「誰でも使える地方公共団体ホームページの実現に向けて」という大変素晴らしいキャッチコピーなのですが、残念ながら大きな問題点が三つありますね。

  1. 総務省のホームページは、ユニバーサルデザインか?
  2. セミナーの開催が少なすぎる。
  3. 「みんなの公共サイト運用モデル」の手順書だけで大丈夫?
[総務省「誰でも使える地方公共団体ホームページの実現に向けて」を考える]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2006/02/28(火) 09:00:00|
  2. 公共サイト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加

2005年インターネット広告費

 2005年インターネット広告は155%の高成長。他の4大マスメディアが頭打ちなのに比べて凄まじいですね、そろそろ雑誌広告が射程圏内に入りました。

 そしてアウンコンサルティング株式会社によれば、最も成長が期待されるのがコンテンツ連動型広告。ブログの増加がコンテンツ連動型広告の拡大を生み出すのだそうです。

ブログの増加が生むコンテンツ連動型広告の拡大−(((SEM-ch)))
http://www.sem-ch.jp/column/000784.html

<引用>

 コンテンツ連動型広告に力を入れるグーグルによれば、昨年時点のコンテンツ連動型広告の配信先は世界全体で約80億以上のウェブページとなっており、その後もブログの増加に伴って配信先も増加傾向にあるようだ。

 ブログの普及によって、本当のインタラクティブ(双方向)メディアとして定着したのではないでしょうか。

[2005年インターネット広告費]の続きを読む
  1. 2006/02/24(金) 09:00:00|
  2. SEO/SEM/アクセス解析|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加

Google、ブログ専用アクセス解析サービスを買収(ITmediaニュースより)

ITmedia News:Google、ブログ専用アクセス解析サービスを買収 2006年02月15日
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0602/15/news055.html

<引用>

Googleがブログ向けのアクセス解析サービス「Measure Map」を買収した。

<引用 終わり>

 なるほど、そう来ましたか?!無料アクセス解析サービス「Google Analytics」が人気沸騰。処理能力が間に合わないので、ブログユーザには「Measure Map」を提供するということですね。

  1. 2006/02/22(水) 02:48:33|
  2. Google|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加

『特定非営利活動法人 ソーシャル・イノベーション・ジャパン』に期待したい。

特定非営利活動法人 ソーシャル・イノベーション・ジャパン
http://www.socioengine.co.jp/SIJ_index.htm

<引用>

〜熱き想いを寄せ合って、「感動する“ビジネス”」が日本を変える。SIJは、ソーシャル・イノベーションを促進することを目指し、その主体となる社会的企業家を育成し、ネットワークを広げていくことを目的としたNPO法人です〜

<引用 終わり>

 素晴らしい理念。しかし「熱い想い」でWebサイトのユニバーサルデザイン(アクセシビリティやユーザビリティ)にも是非取り組んで頂きたい、これも社会責任の重要な一つだと思いますので。

  1. 2006/02/21(火) 04:00:28|
  2. 少子高齢化社会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加

シニア層の・シニア層による・シニア層のためのチェック--「マミオン有限会社:シニア・シルバー層の視点で見たウェブユーザビリティ評価」

マミオン有限会社:シニア・シルバー層の視点で見たウェブユーザビリティ評価
http://www.usability4s.info/report/0412usa.htm

<引用>

従来、企業のウェブサイトは、主に若者を対象とした作りとなっているため、シニア・シルバー層には「見づらい、使いづらい」ものとなっているのが現状です。

<引用 終わり>

 最も注目してます。実際に毎日シニアに接している(毎日ユーザーテストを行っている様な物ですよね)方たちの調査ですから、説得力がありますね。団塊世代を顧客にしたかったら、個人株主になってもらいたかったら、参照しましょう。

[シニア層の・シニア層による・シニア層のためのチェック--「マミオン有限会社:シニア・シルバー層の視点で見たウェブユーザビリティ評価」]の続きを読む
  1. 2006/02/15(水) 09:00:00|
  2. 少子高齢化社会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加

ユーザービリティ確保は、重要な要件--「日経パソコン Online:企業サイト ユーザビリティランキング2005」

日経パソコン Online:企業サイト ユーザビリティランキング
http://npc.nikkeibp.co.jp/npc/contents/tuika/usability2005/index.html

<引用>

 企業のWebサイトは、各社の製品やサービス、活動などを伝える場として、なくてはならないものになっている。企業のWebサイトは、ただ情報を載せるだけでは不十分だ。訪問するユーザーが、目的の情報にたどり着けなければ意味がない。

<引用 終わり>

 全くその通りですね。

[ユーザービリティ確保は、重要な要件--「日経パソコン Online:企業サイト ユーザビリティランキング2005」]の続きを読む
  1. 2006/02/13(月) 03:09:49|
  2. 少子高齢化社会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加

企業情報サイトは、企業の“顔”である--「日本ブランド戦略研究所 企業情報サイト調査2005」

日本ブランド戦略研究所 企業情報サイト調査2005 - CC Site Survey 2005 -
http://japanbrand.jp/cc/80084/1.html

<引用>

[ 企業情報サイトは、企業の“顔”である ]

<引用 終わり>

 良いタグラインです、真にその通りですね。CCサイト(コーポレート・コミュニケーションサイト)=企業情報サイト。

[企業情報サイトは、企業の“顔”である--「日本ブランド戦略研究所 企業情報サイト調査2005」]の続きを読む
  1. 2006/02/09(木) 18:00:00|
  2. WebSite構築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加

ユーザーの視点で評価する「Gomez: IRサイト総合ランキング」

Gomez: IRサイト総合ランキング
http://www.gomez.co.jp/jp_ranking/id199/detailed.html

<引用>

GomezはEコマースサイトをユーザーの視点で評価・ランキング付けし発表しています。

<引用 終わり>

 ユーザーの視点ってのが、一番大事ですよね。こういう評価・ランキングを、企業が真剣に受け止め、改善をすすめる。また証券会社や信託銀行が重要視し、顧客(特に団塊世代)に長期的な投資を推奨する。そして団塊世代の先輩諸兄が、法令順守し情報開示を果たす企業を評価し投資する。バブルではないサイクルにして欲しいものです。

[ユーザーの視点で評価する「Gomez: IRサイト総合ランキング」]の続きを読む
  1. 2006/02/06(月) 18:00:00|
  2. 少子高齢化社会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加

更新再開

 諸事情が重なって約3週間更新をストップしていました、ごめんなさい。更新再開、頑張ります。

  1. 2006/02/03(金) 18:04:10|
  2. 当ブログの方針|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
  5. | 人気ブログランキング
  6. | FC2 Blog Ranking
  7. | はてなブックマークに追加
  8. | Buzzurlにブックマーク
  9. | livedoor クリップに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。